Student Innovation College

「Student Innovation College」"Sカレ" では、教室でマーケティングを学ぶ学生たちが、
「ビジネス・モノづくり・発想力」を、CUUSOO を通じてリアルな現場で学んでいます。

Close the dialog

活動内容

Sカレでは、大学横断で、学生が互いに切磋琢磨しながら、商品企画プロセスとそのマネジメントを実際に体験するリアルな環境で学ぶ機会を提供しています。 学生自身が考えた企画をウェブ上で提案し、現実の市場において問うことで、卒業後に向き合うことになるであろう厳しい市場の反応を体感することができます。 ここに、Sカレの他にない特徴があります。

Sカレ委員長 流通科学大学学長 石井淳蔵教授はこのようにコメントしています。 「学生が、実際のユーザーと対話しながら、商品企画を進めるという実践的なマーケティングを学ぶ機会は、世界広しといえども、ここしかありません。また、企画の渦中において、ライバルチームの成果を見ながらリアルタイムに競争するという場も、他に例を見ません。参加する学生にとっては、マーケティング実践を学ぶ絶好の機会であり場であると考えます。 」

Sカレ公式Facebookページ

Sカレ2014 ページ

Sカレでは、大学横断で、学生が互いに切磋琢磨しながら、商品企画プロセスとそのマネジメントを実際に体験するリアルな環境で学ぶ機会を提供しています。 学生自身が考えた企画をウェブ上で提案し、現実の市場において問うことで、卒業後に向き合うことになるであろう厳しい市場の反応を体感することができます。 ここに、Sカレの他にない特徴があります。

Sカレ公式Facebookページ

Sカレ2014 ページ

プロセス概要

CUUSOOを活用したSカレの活動は約半年に渡って行われ、開会式で参加メーカーに商品企画をプレゼンするところから始まります。 その後、閉会式で行う最終プレゼンに向けて「参加メーカー」や「教員」だけでなく、CUUSOO を通じて多くのユーザーと対話を行い、商品企画を向上させていきます。参加メーカーによって選出された商品企画は、デザイナーの協力を得て実際の市場で販売されます。

    1. 参加メーカーに向けて商品企画のプレゼン

    2. CUUSOO サイトで、参加メーカーのアドバイスを基に商品企画を更新

    3. CUUSOO サイトで、一般ユーザーから投票受け付け

    4. CUUSOO サイトで、投票データを基に商品企画を更新

    5. 参加メーカーに向けて商品企画の最終プレゼン

    6. 参加メーカーが商品企画を選定

    7. デザイナーの協力のもと、商品化・販売

参加大学

これまで Student Innovation College に参加された大学の年代とゼミ別の一覧です。


Close the dialog

商品紹介

Student Innovation Collegeで、実際に商品化されたプロジェクトの一例です。